2016年12月14日スーパームーン今年最後のチャンス!!ふたご座流星群もやってきます♪

スーパームーン2016、画像

 

2016年は、スーパームーンに
3回 お目にかかる事ができます。


1回目は、10月16日

2回目は、11月14日


11月14日のスーパームーンは、
68年ぶりのビックスーパームーン

ご覧になられた方も多いかもしれません。

 

3回目は、12月14日が、今年最後のチャンス♪

 

広告

 

12月14日のスーパームーンは、
ふたご座流星群
到来と重なります

    
月が明るいので流星群は期待できません。
・・・がっ
同時に地球におとづれるなんて、
良くも悪くも何が起こりそうな予感です♪

 

スーパームーンとは?

ほぼ 毎年起こる現象 です。

月が最も地球に近づいた時に
満月(または新月)になる現象

(でも、満月じゃないと目に見えないですね(笑))

 

月は、地球の周りを27日かけて回っています。

地球の周りを回ってる公転周期の軌道が楕円形
描いて回っているので、

地球から

近くなったり(35万7千キロ)

遠くなったり(40万6千キロ)

してしまうという事になります。

 

 

その時、満月  新月 になっていれば、
スーパームーン
というわけです。

 

年によって軌道が少し変わるので、
地球に最も近づく距離
も毎年、毎年、変わります。

2016年11月14日は、
68年ぶりに最接近するスーパームーン
でした。

 

NASA(アメリカ航空宇宙局)によると、
普段目にしている満月より14%も大きくなり、
明るさは30%も高まる
のだそうです。

 

2016年12月14日のスーパームーン

この日は、年に1度の「ふたご座流星群
到来と重なるんです。

 

きっと・・・、

月が明るいので流星の見える数は、
かなり激減する見通のようです。

 

 

NASAの予想では、
夜空を流れる流星の数がピークの時は、
通常例年なら1時間に100個 を超えるのですが、
今年は運が 良くて十数個 にとどまるだろう。
と発表しています。

 

 

ふたご座流星群」の極大の時間は、

12月14日 午前9時頃


あらら???
明るい時間なので、肉眼では
見ることが
できません。

しかも!!

14日の夜になると「ふたご座流星群」は、
減少していくので、今回は、
ほとんどみれない状況
になってしまう予測です。

 

 

2016月移行のスーパームーンの日は?

大まかに計算すると

2017年 → 来ません

2018年 → 1月2日

2019年 → 2月20日

2020年 → 4月8日

2021年 → 5月26日

2022年 → 7月14日

2023年 → 1月22日(新月)

こんな感じになります

 

2017年 に来ないのは、数十日の誤差で、
2018年の1月2日にずれ込んだためです。

 

アメリカの場合
2018年の元旦1月1日の夜
スーパームーンが見られので、
新年 スーパームーン現象
きっと
大いに盛り上がること間違いなし

 

2023年 は、
新月なので視認できません

見えなくてもスーパームーン
2023年は、
妄想でスーパームーンを感じなくて
いけない様ですね

 

満月

 

ちなみに・・・

2016年11月14日と同様なスーパームーン
にお目にかかれるのは、

 

18年後 
2034年11月25日
となります

 

私のいまの年齢に18年をプラスすると・・・・・

・・・・( ノД`)( ;´Д`)

元気で、お財布フリフリできるよ~に
今から健康管理に気を付けて
孫と一緒にその時を迎えたいです♪(笑)

 

 

スーパームーン2016と災害の関係あり?

月の引力が大地震の引き起こすのでは?

月と地球との距離が最接近することにより、
月の引力が強くなり引き起こすのではないか?
など心配されているそうです。

 

今年2016年9月12日付
英国科学誌ネイチャージオサイエンス電子版にて、
東京大学の井出哲教授らのチームが、

「東日本大震災のような巨大地震は、
月の引力が、
強く働く時に発生し
やすくなる」

という 研究結果を発表 しています!!

 

 

現実に・・・

2011年のスーパームーンは3月19日
(地球との距離35万6,577キロメートル)
2011年2月22日ニュージーランド南島のクライストチャーチ近郊
でM6.1の地震が発生した後、3月11日に東日本大震災

 

2005年1月10日の新月のスーパームーン
(地球との距離35万6,569キロメートル)
その2週間前の
2004年12月26日に、
スマトラ沖でマグニチュード9.3の地震

 

68年前の
1948年1月26日のウルトラスーパームーン
(地球との距離・・・?・・・)
前日1月25日にフィリピンのパナイ島で
マグニチュード8.2の地震

 

 

だから
2016年11月14日前後
に大地震が起こる?


それは誰にもわからないことです。

 

日本時間11月13日20時02分頃、
ニュージーランド南東付近を震源とするM7.8の地震が発生!!
現地では、この地震の後もM5~6級の地震が相次いでいるそうです。

 

日本時間11月13日23時01分頃、
アルゼンチン北西部を震源とするM6.2の地震が発生!!

 

過去に、
ニュージーランドで地震発生後に、
日本列島でも大地震が発生しています。

 

今年2016年2月14日、
ニュージーランド南島クライストチャーチでM5.7
地震が発生した後に、
2016年4月14日、熊本地震発生!!

 

by カエレバ

 

 

日本は地震大国!!
万が一の備えは
日頃から!!

近い将来、
大きな地震があると言われています
万が一のため、
防災の備えはしておいた方が安心です

 

最後に

月は・・・
海の満ち引きや人間のバイオリズムにも関係しています

満月の日は、
感情が高ぶりやすく、衝動的な行動をとってしまうことが
多く、凶悪事件や事故が多発しているとも言われています。

オオカミ男も満月に日に変身しちゃうし(笑)

満月そしてスーパームーン(笑)

 

心配する事も多々あります。

月の光のエネルギーは神秘的で魅惑的 


その月の光が強烈に強い
スーパームーン

その現象を楽しまないわけには
いかないですよねっ

 

Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

エラスチンは身体にいいもの!! 卓球大好き、綺麗になる事勉強中。 体にいい事・気になることなど書いていま~す。 アラフィフ女子の奇想天外なこと面白おかしく発信しています♪