信頼するということ、信頼されるということ。それについて考えてみた♪

広告

信頼って目に見えないもの。

だけど、

意外と伝わってくるもの。

感じるものだと思う

 

広告

 

信頼って目に見えないけど、

積み重なっていくもの。

 

だと思う

 

少しずつ少しずつ関わっていきながら

積み重なってできあがっていくのに

壊れるのは一瞬で簡単に壊れる。

 

ひと言ですぐに壊れる

 

信じていたら尚さら、

期待していたら尚さら、

頼りにしてたら尚さら、

 

そのひと言の破壊力はすさまじい

 

そして信頼をとりもどす、

立て直すのは、

ほぼ無理に近い

 

広告

 

信頼されないて」って気づく。

 

そんな時がある。

 

そうすると、

一生懸命やってたことが

も~どうでもいいや 

ってなって、

何をするにも嫌いになる自分

 

もう40代も後半

 

信頼されてないのかもしれない・・・

と気づいても、

大人の対応はわきまえている。

(わきまえてるつもりである)

 

だからすぐに投げ足したり、

手放したりはしない。

 

どーにか自分を変えて

併せていこうと考える。

人に併せるのは意外と得意だったりする。

(疲れちゃうけどね)

 

広告

 

信用されてないんだな・・・

気づくと

いくつになっても

やっぱり凹みます

 

 

広告
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)